能登國羽咋唐戸山相撲

相撲雜件 - 力石探訪

力石論考

朱で「力石」と彫つてある
東京品川の海雲寺の力石

東川吉嗣


  力石と力士碑
  死んだ力石
  力自慢の美意識
  
  「能登國唐戸山相撲」の玄關ページ
  「力石の玄關ページ」
  「力士碑」

力石と力士碑

  あ  く  武  明  と  普  石  の   ┐ 山  で  現     け  て  の  た  は  面  掴  現  の  刻  の   ┐ あ     
  つ  す  兵  で  教  通  だ  三  こ └    ` 在     加   ` が  人  明  白  み  在  無  ん  や  何  る     
  た  ん  の  あ  へ  の  か  笠  れ  と  丸  の  筆  工  現   ` の  ら  く  易  の  い  だ   ` 貫   ゜ 日  
   ゜ だ  石  る  ら  人  ら  山  は  彫  い  三  者  せ  在  力  名  か  な  い  重   ` も  神  目  主  本  
  今  黄  碑  が  れ  の   ` 武   ` り  自  重  は  ず  の  士  を  で  い  物  量  適  の  に └   に  全  
  お  色  は   ` た  墓  自  兵  お  込  然  縣   ` に  力  碑  そ  あ  と  で  擧  度  が  さ  な   ` 國  
  も  い   ` 自   ゜ 石  然  の  ば  ん  石  名  幼  活  士  の  の  る  い  は  げ  に  あ  さ  ど  神  の  
  ふ   ` 少  分  こ  は  石  墓  あ  だ  に  張  い  か  碑  始  石   ゜ ふ   ` 競  大  る  げ  と  社  あ  
  に  一  し  の  の  自  で  石  ち  石  細  市  頃  し  も  ま  に  こ  意  人  技  き   ゜ る  そ  の  ち  
   ` 抱  赤  記  石  然  出  で  ゃ  を  目  元   ` た  自  り  刻  の  識  の  の  い  い  意  の  境  こ  
  力  へ  い  憶  碑  石  來   ` ん  前  の  町  昭  も  然  で  ん  力  が  作  重  自  づ  味  重  内  ち  
  石  程  色  に  は  で  て  相  の  に  文  に  和  の  石  あ  で  石  働  爲  石  然  れ  で  さ  な  に  
  と  の   ` あ  現  造  ゐ  撲  お   ` 字  あ  三  が  を  ら  記  を  い  が  の  石  も   ┐ を  ど   ┐ 
  し  丸  あ  る  在  ら  る  取  ぢ  父  で  る  十  多  出  う  念  持  て  加  や  で  手  奉  刻  に  力  
  て  い  る  三  行  な  け  り  い  か   ┐ 宗  年  い  來   ゜ に  ち  ゐ  は  う  あ  掛  納  ん  あ  石  
  丁  石  い  笠  方  い  れ  の  さ  ら  三  泰  こ   ゜ る  從  し  擧  る  り  に  る  か └   だ  り └   
  度  で  は  山  不 └   ど  墓  ん     笠  寺  ろ     だ  つ  た  げ  の   `  `  ゜ り  と  も   ` が  
                     `                 `                                           

  相  ち  墓  者  の  を     石  や  二  て  榮  心  る  碑  て  は  れ  そ  ん  の  持     に  を  で  く  
  撲  を  地  の  樣  更     を  う  階  は  吉  さ  人  は  の  か  ば  の  で  大  ち     も  そ  見  ら  
  を  し  に  祖  式  に  力  連  に  建  ゐ └   せ  を   ` 用  か   ` や  記  き  上  力  み  の  た  ひ  
  引  て  建  先  を  積  士  想  巨  て  る  の  る  壓  大  途  ら  搬  う  念  さ  げ  石  え  ま   ┐ の  
  退  ゐ  て  の  強  極  碑  す  大  の  も  碑  も  倒  き  を  な  送  な  碑  と  る  は  る  ま  大  姿  
  し  る  ら  一  く  的  を  る  な  家  の  は  の  す  く  強  い  に  石  と  重  こ   `  ゜ 墓  和  か  
  た   ゜ れ  人  意  に  墓  こ  物  と  の  高  と  る  て  く   ゜ も  を  し  さ  と  力     石  川  た  
  時  こ   `  ` 識  考  地  と  に  並   ` い  な   `  ` 意  と   ` 探  て  な  が  自     と └   ち  
  の  の  一   ┐ す  へ  に  は  な  ぶ  す  臺  る  あ  手  識  こ  設  し  固  の  出  慢     し  な  で  
  記  碑  般  鳴  る  る  建  出  る  高  ぐ  座   ゜ る  數  し  ろ  置  出  定  で  來  の     て  ど  あ  
  念  は  人  瀧  こ  と  て  來  と  さ  隣  の  輪  い  の  始  が  に  す  せ   ` る  男     建  の  る  
  に   ` の  源  と   ` る  な   ` で  に  上  島  は  加  め   ` も  手  う  そ  か  一     て  石   ゜ 
  建  鳴  墓  藏  に  墓  と  い  も  あ  建  に  で  見  は  る  記  特  間  と  こ  出  人     た  碑  輪  
  て  瀧  石 └   な  石  い   ゜ は  る  つ  建  見  る  つ  と  念  別  さ  す  へ  來  で     か  は  島  
  て  源  の  の  る  と  ふ     や   ゜ て  て  た  人  た   ` 碑  の  へ  る  名  な  や     の   ` の  
  貰  藏  か  碑   ゜ し  こ      ` こ  ゐ  ら   ┐ を   ` 力  と  手  か  と  を  い  つ     や  力  墓  
  う  が  た  は  筆  て  と     力  の  る  れ  九  感  見  士  し  間  け   ` 刻  か  と     う  石  地  
            `                                                                      

                                                                 廿  て  一  る  る  た  
                                                                 七  建  月   ゜ や  と  
                                                                 日  つ  吉  な  う  傳  
                                                                    細  日  ほ  に  へ  
                                                                 東  い └    `  ` ら  
                                                                 川  石  と  こ  生  れ  
                                                                 源  柱  あ  の  前  る  
                                                                 藏  に  り  碑  に  の  
                                                                └   は   ` に  建  で  
                                                                 と   ┐ こ  は  て   ` 
                                                                 あ  明  の   ┐ ら  墓  
                                                                 る  治  碑  明  れ  石  
                                                                  ゜ 廿  と  治  た  と  
                                                                     五  少  十  も  し  
                                                                    年  し  丑  の  て  
                                                                    二  離  年  で  使  
                                                                    月  れ  十  あ  へ  
                                                                                   


死んだ力石


  れ     い  も  ん  し  標  た  る  し  力  い  た  埋  を  な  有  が  れ  存  な  近  近              
  を      ゜ し  で   ` 本   ` 蝶  て  石  物  り  め  恐  い  形   ` る  が  ど  年  な              
  持  固     な  行  手  箱  標  を  の  は  も  し  込  れ  た  文  そ  と  圖  の  は  所  東           
  ち  定     い  き  に  の  本  嫌  役   ` あ  て  ま  て  め  化  の  い  ら  有   ` に  京     死     
  上  さ     が   ` 鱗  蝶  の  ひ  割  も  る  ゐ  れ  か  か  財  や  ふ  れ  形  力  あ  に     ん     
  げ  れ      ` ゐ  粉  は  蝶   ` は  は   ゜ る  た   `  ` に  り  こ  て  文  石  る  住     だ     
  て  た     死  な  が   ` を  標  果  や  動   ゜ り  殆  持  指  方  と  ゐ  化  の  力  ん     力     
   ` 力     ん  く  着  綺  愛  本  た   ` か  柵   ` ど  ち  定  に  は  る  財  何  石  で     石     
  足  石     で  な  く  麗  で  箱  せ  死  せ  で  セ  の  上  さ  は  好  場  に  た  を  ゐ           
  を  も     ゐ  る  こ  な  る  に  な  ん  な  隔  メ  力  げ  れ  大  ま  合  指  る  見  る           
  碎  同     る  こ  と  形  の  綺  い  だ  い  て  ン  石  て  た  き  し  が  定  や  て  の           
  く  じ     の  と  も  を  と  麗   ゜ 物   ` て  ト  は  怪  石  な  い  多  さ  が  廻  で           
  事  で     に  も  な  保  同  に  野  で  固   ` で   ` 我  は  疑  事  い  れ  知  つ   `          
  も  あ     變  な  い  つ  じ  仕  を   ` 定  近  固  土  を   ` 問  で   ゜  ` ら  て  東           
  な  る     り  い  し  て  で  舞  飛  力  さ  づ  め  に  す  盗  が  は  保  そ  れ  ゐ  京           
  い   ゜    が   ゜  ` ゐ  あ  は  び  石  れ  け  ら  半  る  ま  あ  あ  存  の   ` る  の           
  し  そ     な  糞  飛  る  る  れ  廻  と  た  な  れ  ば  の  れ  る  る  さ  保  區   ゜ 手           
   `                    ゜                             ゜                            

  の  れ  今  そ  試   ┐ ご  事  た  付  も  持  い     あ  の  込  は  で  い  て  で     に  仕  恐  轉  
  煽  る  の  の  み  俺  ろ  を  物  け  の  ち  は     つ  多  み   ` 圍  の  あ   `    も  上  れ  ん  
  り  か  人  石  る  も  り  明  で  て  で  上  ば  力  た  く   ` 全  ん  で  つ  廣  こ  貴  げ  も  で  
  に  い  に  に  人  一  と  記  あ   ` あ  げ   ` 石   ゜ は  あ  て  で  持  た  い  れ  重   ` 無  腰  
  乘 └    ┐ 刻  が  つ  投  し  る  單  る  た  道  は  い  御  る   `  ` ち  の  場  ま  な  横  い  を  
  り  と  ど  ま  現   ` げ  た   ゜ な   ゜ 人  具   ` は  丁  い  地  近  上  は  所  で  寶  に   ゜ 打  
   ` 煽  う  れ  れ  持  出  物  さ  る  あ  の  に  力  ば  寧  は  中  づ  げ   ` に  に  に  案  綺  つ  
  石  つ  だ  た  る  ち  さ  で  ら  石  る  名  過  自   ` に   ` や  け  ら  一   ` 見  見  内  麗  こ  
  に  て   `  `  ゜ 上  れ  あ  に  で  い  を  ぎ  慢  力   ` 築   ` な  れ  つ  動  た  え  板  に  と  
  手  ゐ  お  先  そ  げ  て  る   ` は  は  刻  な  が  石  セ  山  臺  い  な   ゜ か   ` る  を  化  も  
  を  る  前  人  れ  て  ゐ   ゜ 神  無   ` み  い  力  の  メ  に  座  の  い  動  せ  東   ゜ 立  粧  な  
  か  の  に  の  が  み  た  そ  佛  い  そ   `  ゜ 較  墓  ン  埋  に  が  の  か  る  京     て  し  い  
  け  で  持  名  狙  よ  な  ん  に  と  の  記  そ  べ  場  ト  め  半  ひ  が  せ  状  の     れ  て   ゜ 
  た  あ  ち  と  ひ  う  ら  な  さ   ` 石  念  の  を  で  で  込  ば  と  一  る  態  力     ば   ` 盗  
  瞬  る  上  年  で └   ば  石  さ  主  に  に  石  し  あ  固  み   ` つ  つ  が  で  石      ` 石  ま  
  間   ゜ げ  月  あ  と   ` が  げ  張  名  し  に  た  る  め   ` 埋   ゜  ゜  ` 置  の     い  塔  れ  
   ` そ  ら  が  る   `     ` た  し  を  た   `  `  ゜ て  そ  め  他  柵  狹  い  中     か  に  る  
            `  ゜                                                                   

  心  は     す  昔  上  あ  言  形  持  石  の  先  覺  上  る  て   ┐ つ  持     な  で  な  力  に  そ  
  根   `    る  は  げ  る  は  が  ち  も  で  人  が  げ   ゜ ゐ  重  け  ち     い   ` い  石  化  の  
  は  力  死  の   ` た   ゜ な  い  上  あ   ` の  ま  て  持  る  量  た  上  力   ゜ 記   ゜ は  粧  力  
   ` 石  ん  で  偉  が  率  い  び  が  ら  少  美  ざ  み  ち   ゜ 挙  物  げ  く  單  録  そ   ` さ  石  
  力  を  だ  あ  い   ` 直  の  つ  る  う  し  意  ま  て  上  し  げ  で  や  ら  な  の  の  も  れ  は  
  石  殺  力  る  力  俺  に  が  だ  場   ゜ 輕  識  ざ  も  げ  か └    ` す  べ  る  中  力  は   ` 活  
  に  し  石   ゜ 持  は   `  ` か  合  重  い  が  と   ` や  し  は  持  い  は  標  の  石  や  臺  き  
  現  て  を     ち  出  誰  我  ら  も  い  石  感  傳  面  す   `  ` ち  鐵   ` 本  文  は   ` 座  て  
  れ  保  有     が  來  そ  ら   ` あ  石  で  じ  は  白  い  力  世  上  棒  今  で  章   ` そ  に  ゐ  
  た  存  り     ゐ  な  れ  の  不  ら  で  も  ら  つ  く  物  石  界  げ  の  も  す  や  實  ん  据  る  
  先  し  難     た  か  は  先  公  う  も  持  れ  て  な  を  は  的  る  兩  息  ら   ` 物  な  え  の  
  人  た  が     も  つ  こ  人  平   ゜ 形  ち  る  き  い   `  ` な  重  端  づ  な  冩  だ  語  て  で  
  の  が  る     の  た  の  の  だ  そ  に  上   ゜ て   ` い  自  競  さ  に  い  い  眞  と  り  固  あ  
  美  る   ゜    だ   ` 石  美  な  ん  よ  げ  自   ` と  く  然  技  を   ` て   ゜ と  言  か  定  る  
  意   ゜ あ     と  と  を  意  ど  な  れ  に  然  我  い  ら  石  に  競  重  ゐ     變  ふ  け  さ   ゜ 
  識  そ  る     感  か  持  識  と  時  ば  く  石  ら  ふ  持  で  な  ふ  石  る     り  だ  は  れ  綺  
  へ  の  い     心   ` ち  で  は  に   ` い  な  の  感  ち  あ  つ   ` を   ゜    が  け  し  た  麗  
                              `                                                    

  挙  お  智  害  避  危  る  る  惡  そ  こ  あ  が  よ  も  事  な  川  る  け  怪  そ  お  危  性  怪  の  
  げ  そ  慧  を  け  險   ゜ し  い  ん  と  る   `  ゜  ` が  い  に  の  ま  我  の  く  な  が  我  無  
  を  ら  を  押  ら  を  大   ` 奴  な  ば   ゜ 個  い  逆  あ  か  は  で  せ  を  時  の  い  あ  人  理  
  い  く  幼  さ  れ  見  切  敵  ら  主  か  危  人  づ  恨  る  ら  近  あ  う  す  に  だ  物  ら  が  解  
  く  は  い  へ  ぬ  分  な  國  は  義  り  な  の  れ  み  の   ` づ  る └   る   `└   を  う  で  が  
  ら   ` 時  る  危  け  の  は   ` と  し  い  心  も  を  で  登  く   ゜ と  の   ┐ と   `  ゜ た  あ  
  練  ト  か  こ  險  て  は  こ  こ  は  て   ` 根  皆  買  使  る  な  川   ` は  石  非  そ  怪  ら  ら  
  習  レ  ら  と  に   ` 自  ち  ち  無  ゐ  危  に   ` ふ  ふ  な   ゜ に  言  當  を  難  こ  我  大  う  
  し  |  身   ゜ は  事  分  ら  ら  關  て  な  ま  責  の  な   ゜ 高  落  ふ  然  持  す  い  人  變   ゜ 
  て  ニ  に  そ   ` 前  の  の  の  係  も  い  で  任  で   ゜ 小  い  ち  理   ゜ ち  る  ら  が  だ  そ  
  も  ン  つ  の  立  に  力  不  弱  に   `  ` 感  逃   ` 惡  刀  樹  る  性  今  上  バ  へ  で  と  し  
   ` グ  け  た  ち  危  量  備  み  襲  自  で  染  れ  見  い  は  は  と  が  度  げ  カ  ん  る  い  て  
  自  場  る  め  向  險  に  を  を  ふ  然  避  し  の  ぬ  こ   ` 落  危  缺  か  損  が  に  と  ふ   ` 
  然  で  事  の  か  を  應  衝  突  て  災  け  た  役  ふ  と  指  ち  な  如  ら  な  出  轉   `  ` こ  
  災   ` で  經  ひ  避  じ  い  い  來  害  て  も  人  り  を  を  る  い  し  氣  ふ  て  が   ┐ 役  の  
  害  重  あ  驗   ` け  て  て  て  る  は  通  の  根  を  見  切  と  か  て  を  と  く  し  何  人  石  
  や  量  る  と  損   `  ` く  來  し   ` る  で  性  せ  て  る  危  ら  ゐ  つ   ` る  て  で  根  で  
   `     ゜                    `                          `           ゜     `       

  現  以  は  こ  は  た  さ  七  川              六  な  目  と  は     ゐ  島  鍛  ば  ニ  三  ん  戰  
  在  前  二  れ  完  が  れ  月  神              月  現  標  言   `    た  の  え   ` ン  島  だ  場  
  の  の  つ  で  全   ` て  に  社  平           三  實  を  ふ   ┐ 力   ゜ 精  た  盆  グ  由  人  や  
  地   ` に   ` に  今   ` 見  を  成     追     日  を  是   ` 一  石     神  身  栽  場  紀  に   ` 
  上  半  な  自  地  囘  元  た  參  十     記    └┘ 顕  と  出  切  を     の  體  の  で  夫  は  異  
  に  分  つ  分  上  は  の  時  拝  七              は  す  來  の  殺     弱  に  樹  鍛  の  劣  變  
  投  地  た  が  に   ` 穴  は  し  年              し  る  な  危  し     さ  は  木  え  身  る  で  
  げ  中   ゜ 見  出  そ  は   ` て  十              て  市  い  險  て     で  及  で  た  體  だ  の  
  出  に  喜  た  た  の   ` 力   ` 一              ゐ  民  目  か  保     も  ば  あ  三  を  ら  適  
  さ  埋  ば   ` 姿  穴  そ  石  力  月              る  の  標  ら  存     あ  な  る  島  指  う  應  
  れ  め  し  活  で  も  の  は  石  二               ゜ 弱   ` 住  す     つ  い   ゜ の  し   ゜ に  
  た  ら  い  き  轉  埋  ま  地  を  日             ┌┐ 々  し  民  る     た   ゜ 海  身  て  石  は  
  姿  れ  こ  て  が  ま  ま  上  見   `             平  し  か  を   `   └   そ  の  體   ` 原   ` 
  と  た  と  ゐ  つ  り  空  に  た  赤              成  い  も  隔  そ     と  れ  ヨ  は   ┐ 慎  力  
   ` 姿  で  る  て   ` い  掘   ゜ 坂              十   ` 誤  離  の     言  が  ッ   ` ト  太  石  
  ど  と  あ  力  ゐ  力  て  り  前  の              七  バ  つ  す  心     つ   ` ト  い  レ  郎  を  
  ち   ` る  石  た  石  ゐ  出  回  氷              年  カ  た  る  根     て  三  で  は  |  が  弄  
         ゜     ゜           `                        └                         `    

 ┌┐ 再  は  石  け  前  る  本  ぐ  何  ひ  十  そ  い  川             ┌┐ つ     か  全  事  舟  ら  
  平  び   ` と  ら  に   ゜ 展  に  と  を  人  の  銀  神              平  て     め  な  が  に  が  
  成  死  何  し  れ  初  馬  示  立   ` し  が  上  杏  社  平     再     成  ゐ  こ  た  理  返  訊  好  
  十  ん  の  て  て  め  鹿  で  つ  下  た   ` で  の  を  成     び     十  る  の  良  性  へ  い  ま  
  八  で  風   `  ` て  な  あ  て  を  り  お  近  葉  再  十     死     七  椎  日  い  を  る  た  し  
  年  し  情  風  隣  見  こ  り  ゐ  地  し  繪  く  が  び  八     ん     年  の  は  日  一  の  ら  い  
  十  ま  も  情  の  た  と   ` る  中  て  描  の  敷  參  年     だ     明  實  良  に  歩  は   ` か  
  二  つ  無  が  石  と  を  力   ゜ に  ゐ  き  小  き  拝  十     力     治  を  い  な   ` 容  こ  と  
  月  た  い  感  燈  き  し  石  こ  埋  た  を  學  詰  し  二     石     節  拾  お  つ  取  易  ち   ` 
  五  か   ゜ じ  籠  は  た  と  れ  め   ゜ し  校  め  た  月          └┘ ふ  天  た  り  に  ら  氷  
  日   ゜ 健  ら  と   ` も  し  で  ら  力  た  の  た   ゜ 四              て  氣   ゜ 戻  想  が  川  
 └┘ 殘  全  れ  組  斜  の  て  は  れ  石  り  女  や  境  日              ゐ  で     し  像  良  ゆ  
     念  な  た  合  め  で  は  記  て  を   ` 児  う  内   `             る   `    た  で  い  か  
     で  理  が  は  に  あ  死  念   ` 見  落  ら  に  に  赤              人  境     こ  き  と  り  
     あ  性   ` せ  植  る  ん  物  ま  る  ち  し  散  は  坂              が  内     と  る  言  の  
     る  は  今  た  え   ゜ で  の  つ  と  葉  い  り  黄  の              ゐ  に     を   ゜ ふ  勝  
      ゜  ` 囘  庭  付  以  ゐ  標  す   ` 拾  數   ` 色  氷              た  散     確  健  返  海  
                                                               ゜                   
赤坂氷川神社の生返つてゐた頃の力石
力自慢の美意識


  抽   ┐ に  よ  來  だ  は     る  る  ま  く  が  持  前  い  た  が  が  て  石  言  自              
  象  力  く  つ  た  け  大      ゜ 石  力  ら   ┐ ち  を  物  石  持  な   ` を  つ  慢              
  化  く  い  て  し  の  昔  我     を  石  べ  力  上  付   ` の  ち  け   ┐ そ  て  を  力     力     
  す  ら  物   `  ` 重  か  が      ` と  に  石  げ  け  何  う  上  れ  力  の  も  競  石     自     
  る  べ  が  持  同  さ  ら  國      ┐ し  使 └   た  た  か  ち  げ  ば  く  ま   ` ふ  は     慢     
  と └   あ  ち  じ  か  あ  で     力  て  は  で  人  り  の   ` た   ` ら  ま  人 └    `    の     
   ` を  る  上  重  を  つ  も     石  使  れ  あ  の   ` 印  形  り  た  べ  使  の  道  重     美     
  石  純  こ  げ  さ  精  た  重    └   つ  て  る  名  文  象  の   ` だ └   う  手  具  い     意     
  の  粋  と  や  の  確  の  さ     と  た  ゐ   ゜ を  字  が  良  力  の  に  た  は  で  物     識     
  形  に  は  す  石  に  で  を     し  ら  な  現  書  を  強  い  較  石  使  だ  加  あ  を           
  に   ┐  ` い  で  決   ` 嚴     て  し  く  在  い  刻  い  物  べ  で  つ  け  へ  る  持           
  手  重  容  物  も  め  ど  密      ` い  て  そ  た  み  物   ` に  あ  た  で  な   ゜ ち           
  を  さ  易  と   ` る  の  に     珍   ` も  の  り  込  な  と  使  る  と  あ  い   ┐ 上           
  加 └   に  持  そ  こ  石  測     重  證   ` 石  し  ん  ど  り  う   ゜ い  る  で  道  げ           
  へ  の  判  ち  の  と  が  る     し  拠  た  が  た  だ  に  わ  た  力  ふ   ゜  ` 具  て           
  て  み  る  上  形  が  ど  技     て  の  ま   ` も  り   ` け  り  自  證  從  自 └    ┐          
   ` に   ゜ げ  に  出  れ  術     ゐ  あ  た  力  の   ` 名  重  し  慢  拠  つ  然  と  力           
                                                                                   


  大  は  は  そ  ハ  も  い  あ   ┐ ち  型  定  れ   ┐    直  げ  自  の  持  形  が  の  や  は  作  一  
  砲   `  ` の  ン  あ  物  る  重  擧  の  の   ` 力     に  た  分  が  ち  が  あ  形  う   ` る  定  
  の  武  何  例  マ  る  を   ゜ さ  げ  持  規  一  く  現  恐  人  が   ` 擧  あ  る  に  で  そ  こ  の  
  彈  器  か  で  |   ゜ 遠  オ └   ら  ち  格  定  ら  在  れ  が  持  我  げ  る  し  よ  あ  の  と  規  
  丸  と  ら  あ  投  や  く  リ  の  れ  擧  の  の  べ   ` 入  ゐ  て  が  ら   ゜  ` つ  る  や  に  格  
  を  し  來  る  げ  り  へ  ン  み  る  げ  形  規 └   オ  る  る  な  國  れ  そ  重  て   ゜ う  な  に  
  投  て  た   ゜  ` 投  投  ピ  に  か  か  の  格  は  リ  の   ゜ く  の  な  れ  い  は  現  な  ら  沿  
  げ  の  の  圓  圓  げ  げ  ッ  抽  否  た  重  に   ` ン  で  え  て  人  い  で  石   ` 實  考  う  つ  
  て  槍  か  盤  盤  が  る  ク  象  か  で  石  沿   ┐ ピ  あ  ら  も  達 └   も  で  持  に  へ   ゜ た  
   `  ` 知  投  投  そ  と  競  化  を   ` を  う  重  ッ  る  い   ` の  な   ` も  ち   ` は  し  形  
  ど  仕  ら  げ  げ  の  い  技  し  競  特  着  た  量  ク   ゜ 力   ┐ 美  ど   ┐  ` 擧  輕  起  か  の  
  こ  事  な  の   ` 一  ふ  な  た  ふ  定  け  形  擧  競     持  こ  意  と  形  持  げ  い  こ  し  競  
  ま  道  い  元  砲  つ   ┐ ど  力   ゜ の  て  の  げ  技     ち  れ  識  は  が  ち  に  石  ら   ` 技  
  で  具  が  の  丸  で  力  に  く  こ  重   ` 棒 └   な     だ  を  で  言  惡  擧  く  で  な  我  用  
  屆  の   `  ┐ 投  あ  く  は  ら  れ  さ  一  に  と  ど    └   持  あ  は  い  げ  い  も  か  が  の  
  か  金  元  圓  げ  る  ら   ` べ  が  が  定   ` 言  で     と  ち  る  な  か  易  場   ` つ  國  石  
  せ  槌  來  盤  も  し  べ  重  で     持  の  一  は  の     素  擧   ゜ い  ら  い  合  そ  た  で  を  
      `   └       `└                                                               


     う  參  離  ら  や  白  し  て  や  も  上  を  マ   ┐ そ  競  び  投  り  ば  つ  手  げ  へ  や  る  
     な  加  競  な  す  い  た  ゐ   `  ` 競  得  |  棒  の  技  で  げ  と   ` か  を └   る  砲  か  
  我  の  で  走  い  人  と  な  る  記  衣  技  な  投  高  行  に  は  擧  曲   ┐ な  つ  は  が  丸  競  
  が  か  き  く  や  が  か  れ   ゜ 録  装  の  い  げ  跳  き  お  な  げ  が  棒  い  け   `  ` は  つ  
  國  と  る  ら  う  多   ` の  い  に  や  靴   ゜ の  び  着  け  く  る  り  高  代  た  重  金   ` た  
  の  思  と  ひ  で  い  商  果  づ  大  用  底  水   ` の  く  る  て   ┐  ` 跳  物  物  い  槌  元  の  
  先  ふ  の  は  あ  の  賣  て  れ  き  具  の  泳  ひ  バ  先  比   ` バ  そ  び  に  で  鐵  投  來  で  
  人   ゜ 規   ` る  で  に  で  も  く  の  材  競  も  ネ  は  較  バ  ネ  の └   な   ` の  げ  の  あ  
  達     制  時   ゜  ` な  あ   ` 影  材  質  技  付  棒   ` 對  ネ └   反  の  つ  槌  玉  で  形  ら  
  の     を  に  マ  餘  る  る  競  響  質   ` の  き └   多  象  高  で  撥   ┐ て  の  に  あ  を  う  
  中     設  は  ラ  り  と   ゜ ふ  す  や  そ  水  玉  で  か  を  跳  あ  力  棒  ゐ  形  紐  る  保   ゜ 
  に     け   ` ソ   ` か  そ  對  る  形  の  着 └   あ  れ  抽  び  り  で └   る  と  を   ┐ つ  こ  
  も     て  裸  ン  議  で  れ  象  事  が  他  の  に  り  少  象 └    ` 人  は   ゜ は  着  ハ  て  の  
   `    み  足  や  論   ` で  を  態  競  の  材  な   ` な  化  で   ┐ を   ` さ  似  け  ン  ゐ  う  
  時     た  で   ` に  も  も  抽  を  技  競  質  ら   ┐ か  す  あ  棒  空  ぐ  う  て  て  マ  る  ち  
  に     ら  の  短  は  て   ` 象  招  結  技   ` ざ  ハ  れ  れ  る  高  中  に  言  も  取  |  と   ` 
  は     ど  み  距  な  は  面  化  い  果  で  陸  る  ン   ` ば   ゜ 跳  に  ゃ  へ  似  っ  投  言  槍  
   `                                               `                               


                                も  ま  日  衣  の  と  我  か  較  り  重  に  野  ま  し  と  持  
                                 ┐ で  の  装  手   ` が  し  に  も  さ   ┐ 暮  で  か  に  ち  
                                野   ` 體   ` 觸  そ  國   ` 關  何  を  何  な  は  し  心  上  
                                暮  云  調  そ  り  の  流  そ  心  匁  抽  貫  こ   `  ` 惹  げ  
                                な  々   ` し   ` 先  な  れ  が  重  象  目  と  重  西  か  る  
                                こ  す  觀  て  地  に  の  以  あ  い  化 └   と  量  歐  れ  物  
                                と  る  客  揚  盤  は  で  上  る  と  し  と  さ  を  か  る  の  
                               └   に  の  げ  の   ` あ  の  こ  か  て  重  れ  抽  ら  こ  重  
                                で  至  態  句  善  必  る  抽  と  輕   ` さ  た  象  近  と  さ  
                                あ  る  度  の  し  ず   ゜ 象  を  い  こ  を  や  化  代  も  を  
                                る   ゜  ` 果  悪   ` 抽  化  示  と  の  彫  う  し  競  あ  抽  
                                 ゜ い  そ  て  し  石  象  は  し  か  石  り  で  て  技  つ  象  
                                   づ  の  に   ` の  化  し  て  の  は  込  あ  競  が  た  的  
                                   れ  日  は  着  形  し  な  ゐ   ` こ  む  る  ふ  齎  で  に  
                                   に  の   ` て   ` す  い  る  數  の  こ   ゜ こ  さ  あ  競  
                                   し  天  そ  ゐ  表  ぎ  の   ゜ 量  石  と  力  と  れ  ら  ふ  
                                   て  候  の  る  面  る  が  し  比  よ  は  石  は  る  う  こ  
                                                                  `     `     ゜    

「力石」についての、ためになる網上頁
  「能登國唐戸山相撲」の玄關ページ
  「力石の玄關ページ」
  「力士碑」

御意見、御感想をお寄せ下さい。電子飛脚は、各ページの著作権者名またはこの★(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)を押してお送り下さい。

この網上葉の經過
○平成二十八年一月二十六日、電子飛脚の宛先を訂正。
○平成二十二年九月八日、「「力石の玄關ページ」」から論考部分を獨立。
★ 御 注 意 ★
  この網上葉(ページ)およびここから繋がる『能登國羽咋唐戸山相撲』に所屬する網上葉(ページ)の著作權は下記に記した者が保有してゐます。これらの内容を閲覧するために、網際(インターネット)上から自分の機械へ電氣信號(データ)を取り込んで展開すること、ならびにその情報(データ)を網際通信(インターネット)を切斷して閲覧するために保存することは出來ますが、それ以外のいかなる複製・複冩・印字・譲渡・貸與行爲をも禁止致します。ご利用の際は事前にお申し込み下さい。
  ○引き紐(リンク)をつけることは御自由です。

著作權者    東川吉嗣(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)平成二十二年、乃至二十八年
CopyRight ©  2010 - 2016   Higasikawa Yositugu