×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


能登國羽咋唐戸山相撲

相撲雜件

平成十八年

金澤の尾山神社の力石

力石 七

加賀金澤の尾山神社の力石
尾山神社の力石

東川吉嗣


  力石探訪 その弐拾五 - 加賀金澤の尾山神社の力石

  「能登國唐戸山相撲」の玄關ページ
  「力石の玄關ページ」
  「力士碑」へ

加賀金澤の尾山神社の力石
(所在地 石川縣石川県金沢市尾山町11−1)

  撫  て  ゐ  と  る  で  内  に  手  所  尾     切  を  寸  こ  石  神  四     道  崎  行              
  で   ` る   `  ゜ 固  板  二  奧  を  山     つ  穿   ` と  の  社  十     管  神  く              
  て  毎  の  中  冩  定  を  つ  の  尋  神  尾  て  ち  四  も  水  に  分  旅  と  社  前  平     金     
  ゆ  日  で  年  眞  し  立  ず  金  ね  社  崎  あ   ` 角  で  道  も  ほ  館  力  と  に  成     澤     
  く   `  ` の  を  て  て  つ  谷  る  に  神  る  繋  柱  き  管  あ  ど  か  石  尾  金  十     尾     
 └   病  訊  御  撮  あ  て  並 ┌┐  ゜ 參  社   ゜ ぎ  の  る  が  る  で  ら  を  山  澤  八     山     
  と  院  く  婦  り  る  あ  べ  カ  力  拝  か  内  目  角   ゜ 展  が  尾  歩  見  神  驛  年     神     
  の  へ  と  人   ` の  る  て  ナ  石  し  ら  徑  は  を  水  示   ` 崎  い  た  社  前  九     社     
  こ  行   ` が  大  で   ゜ 臺  ヤ  は  て  尾  は  喰  落  道  し  尾  神  て   ゜ に  の  月     の     
  と  く   ┐ 通  き   ` 臺  座 └┘ 本  か  山  六  ひ  と  管  て  崎  社  尾     參  旅  二     力     
   ゜ の  主  り  さ  死  座  に  神  殿  ら  神  寸  込  し  の  あ  神  へ  崎     拝  館  十     石     
  こ  に  人   ` を  ん  に  固  社  に  力  社   ゜ む  た  長  り  社  着  神     し  に  五           
  こ  こ  が  石  測  だ  は  定  の  向  石  は     や  石  さ   ` の  い  社     て  泊  日           
  で  こ  病  を  つ  力  セ  し  鳥  か  の  拾     う  に  は  手  境  た  へ      ` ま   `          
  は  を  ん  撫  て  石  メ  て  居  ひ  あ  分     に  丸  參  で  内   ゜ 行     石  り  羽           
   ` 通  で  で  ゐ  で  ン   ` の   ` る  ほ     溝  い  尺  觸  に  尾  つ     の   ` 咋           
  力  り  ゐ  て  る  あ  ト  案  前  右  場  ど     を  穴  五  る  は  山  た     水  尾  へ           
      `                             ゜                       ゜                      

     見     が  來     と  右     木  中  納  左      ┐ 寸     降  木  前  と  最     け  か  る  石  
     物      ` と     あ  最     中 └  └   右     さ   `    の  中  田  横  大     て  ら   ゜ は  
  二  し  尾  知   ` 神  る  大  一 └   と  と  最  右  し  左  右  彫 └   家  書  幅  一  み  左  こ  靈  
  十  て  山  ら   ┐ 社   ゜ 幅  番  の  あ  横  大  か  石  右  か  り  と  ヨ  き  一  番  た  へ  の  力  
  六  か  神  な  元  の     一  左  意  る  書  幅  ら └   最  ら  込  あ  リ  し  尺  右   ゜  ` 力  を  
  日  ら  社  い  御  神     尺  の  味   ゜ き  一  三  と  大  二  み  る └   て  四  の     假  石  持  
   ` 羽  を  と  手  官     一  石  が  い  し  尺  番  あ  幅  番  で   ゜  ` そ  寸  石     に  を  つ  
  羽  咋  出  の  木  ら     寸  は  知  よ  て  四  目  る  一  目  あ  こ   ┐ の   ` は     一   ` た  
  咋  へ  て  こ  中  し      `  ` り  い   ` 寸  の   ゜ 尺  の  る  の  拝  下  上  天     二  金  存  
  か  向  か  と └   い     中  天  た  よ  中   ` 石     四  石  こ  こ  領  に  の  地     三  谷  在  
  ら  か  ら   ゜ の  人     央  地  く   ` 央  上  は     寸  は  と  と  石  三  は  二     四  神  と  
  金  つ  西     意  に     に  一  な  こ  に  の  天     で   ` が  か └   行  う  尺     と  社  し  
  澤  た  の     味   `     ┐ 尺  る  の   ┐ は  地      ` 天  判  ら   ` に  に  八      ` に  て  
  へ   ゜ 茶     を  力     さ  九   ゜  ┐ 元  う  二     中  地  る   `  ┐  ┐  ┐ 寸     番  近  生  
  出     屋     尋  石     し  寸     元  御  に  尺     央  二   ゜ 明  元  舊  奉   `    號  い  き  
  て     街     ね  の     石   `    御  手   ┐ 七     に  尺     治  御  藩  納  左     を  は  て  
   `    を     た  由    └   左     手  木  奉  寸        四     以  手  主 └   右     着  う  ゐ  
                                          `                                        

 ┌┐ 御  作  さ  不  つ   ┐ た  か        四  八  夜     が  さ  事  成  ま  石  く  喜  つ  の  意  縣  
  平  手  り  う  足  た  手  ら  つ        日  年  の     二  れ  に  七  た  を  に  太  い  人  味  立  
  成  木  や  な  し  丸  木   ` た   ┐     ` 十  バ  こ  つ  た  よ  年   ` 扱  石  夫  て  に  に  圖  
  十  の  庭   ゜ た  い └   早  の  御     加  一  ス  の   ` も  る  六  尾  ふ  垣  ら  の  相  就  書  
  八  衆  整   ┐ 場  棍  と  速  で  手     筆  月  で  日  八  の  と  月  崎  集  積  四  論  談  い  館  
  年  は  備  御  合  棒  は  教   ` 木     修  三  北  は  十  で   ` 二  神  團  み  人  文  し  て  へ  
  十  石  な  手  の  で   ┐ へ  網 └      正  十  國   ` キ   ` 本  十  社  か  穴 └   の  て  調  行  
  二  を  ど  木  代   ` テ  て  際  の      ゜ 日  を  そ  ロ  重  殿  日  の  と  生  の  中  調  べ  き  
  月  扱  ら └   用  足  コ  く  通  讀    └┘  ゜ 後  の  の  さ  近  の  力  思  の  文  に  べ  た   ` 
  七  ふ  し  の  品  軽 └   れ  信  み        二  に  あ  物  約  く   ┓ 石  は  文  字   ┐ た   ゜  ┐ 
  日  專  い  人  が  に  と  る  の  と        十  し  と  が  百  の  北  に  れ  字  が  御  が  圖  元  
 └┘ 門   ゜ 達  本  貸  讀  人  質  意        一  た   ` 二  二  土  國  就  る  も  あ  手   ` 書  御  
     家  さ  の  來  與  み  が  問  味        年   ゜ 友  つ  十  中  新  い  と  あ  り  木  埋  館  手  
     と  す  仕  の  す   ` あ  欄  が        七 ┌┐ 人  と  キ  か  聞  て  の  る   ` 小  藏  の  木  
     い  れ  事  意  る  先  つ  で  判        月  平  と  の  ロ  ら ┗   は  こ  の  そ  頭  文  參  中  
     へ  ば  は  味  刀  の  た  尋  ら        二  成  會  こ  の  發  の   ` と  で  の  關  化  考 └   
     る   ` 庭  だ  が  尖   ゜ ね  な        十  十  ひ  と  物  見  記  平   ゜  ` 近  口  に  係  の  
      ゜                                      `  ゜                                  

                                                        推  の  を  健  ち  は  つ  を     
                                                        測  さ  御  を  上   ` た  象     
                                                        で  し  手  示  げ  祝  こ  徴  右  
                                                        き  石  木  し   ` ひ  と  と  の  
                                                        る  の  衆  て  差  ご  が  す  こ  
                                                         ゜ 管  が  言  し  と  推  る  と  
                                                       ┌┐ 理  負  祝  揚  な  測  足  か  
                                                        二  を  ひ  ぎ  げ  ど  で  輕  ら  
                                                        十  任   ` に   ` の  き  身   ` 
                                                        一  さ  あ  代  常  行  る  分  御  
                                                        年  れ  る  へ  人  事   ゜ の  手  
                                                        七  て  い  る  に  に  こ  庭  木  
                                                        月  ゐ  は  な  優  際  れ  師  衆  
                                                        二  た   ` ど  る  し  ら  集  は  
                                                        十  こ  こ  の  身  て  の  團   ` 
                                                        四  と  れ  役  體   ` 力  で  梃  
                                                        日  が  ら  目  強  持  石  あ  子  
                                                       └┘                         
  尾崎神社の拝殿  尾崎神社の水道管  水道管の接合部分の片方  水道管の接合部分のもう一方  尾山神社の水道管の展示柵  尾山神社の水道管    尾山神社の水道管の説明
   尾山神社の拝殿   金谷神社 − 左手前に力石がある。   金谷神社の手前の力石  力石の説明  右二つの力石  左二つの力石


  「能登國唐戸山相撲」の玄關ページ
  「力石の玄關ページ」
  「力士碑」へ

御意見、御感想をお寄せ下さい。電子飛脚は、各ページの著作権者名またはこの★(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)を押してお送り下さい。

この網上葉の經過
○平成二十八年一月二十六日、電子飛脚の宛先を訂正。
○平成二十一年七月二十四日、追記。
○平成十九年十一月十六日、電子飛脚の宛先を訂正。
○平成十八年十二月七日、追記。
○平成十八年十一月三十日、掲載。
★ 御 注 意 ★
  この網上葉(ページ)およびここから繋がる『能登國羽咋唐戸山相撲』に所屬する網上葉(ページ)の著作權は下記に記した者が保有してゐます。これらの内容を閲覧するために、網際(インターネット)上から自分の機械へ電氣信號(データ)を取り込んで展開すること、ならびにその情報(データ)を網際通信(インターネット)を切斷して閲覧するために保存することは出來ますが、それ以外のいかなる複製・複冩・印字・譲渡・貸與行爲をも禁止致します。ご利用の際は事前にお申し込み下さい。
  ○引き紐(リンク)をつけることは御自由です。

著作權者    東川吉嗣(電子飛脚のソフトが立ち上がつたら、宛先から「ひらかな」を消して下さい。)  平成十八年、乃至二十八年
CopyRight © 2006 - 2016   Higasikawa Yositugu